JR東日本の武蔵野線103系特集

関東地方の103系電車さよなら記念として再編集致しました。
今現在では201系・205系・209系・E231系・E233系が走行しています。

2005年10月22日(土曜日)
JR東日本の武蔵野線103系に乗りに行きました。
武蔵野線103系も残り8両編成*2本運用のみとなり今回の103系は
予定通り11編成39Eの快速東京行きに乗車出来ました。
8両編成の6M2Tです。
11:01分発の武蔵野線、一部京葉線直通快速東京行き。
折り返し13:07分発の快速府中本町行きで収録しました。
録音は新松戸駅から府中本町駅までと長い公開となります。


東京駅地下ホーム2番線停車中の快速府中本町行き11編成の39E
発車は13:07分発でした。クハ103−294
このシーンを撮るにはひたすら東京駅で待つ必要がありますが私、今回は待たずに撮影成功。
隣は京葉線205系。

東京駅地下ホーム2番線。以下はいづれも許可を得て乗務員扉を開けてもらいクハ103−294の運転席を撮影。
同じく東京駅地下ホーム2番線にて
この車両ですら既にATS−Pが施されています。
運転席写真をクリックすると運転席映像が流れます。
撮影路線:京葉線(Keiyo line)
撮影区間:新木場駅→新浦安駅
撮影車両:クハ103−294
ビデオ圧縮:384kbps
ATS−Pの作動音付き。
ATS−P良し。
出発進行!
運転席の写真を差し替えました。手袋付きで撮影。

武蔵野線103系走行音
東京駅を13:07分発快速府中本町行きの中で新松戸駅から府中本町駅まで1時間程度を
ノーカット録音編集しましたので旅の気分てもお楽しみください。
写真(東京駅2番線にて)の上をクリックすると走行音が流れます。
モハ103−267で録音。
この帰りの録音ではかなりスピードが出ているので103系MT55モータのフル稼働で聞けます。
特に新秋津駅(SHINAKITU)・新小平駅(SHINKODAIRA)・西国分寺駅(NISHIKOKUBUNJI)走行音ではかなりモータの音がすごく大きいので人の話す声すらもかき消されてしまう程です。

モハ103−267についていたクーラ及び扇風機付き
今となっては珍しい存在。関東で見られるのも時間の問題となりました。
府中本町駅にて

以下の写真も関東では珍しくなりました。
ほとんどの電車は以下のように窓も埋め込まれてしまいましたので車内録音は難しくなりました。
又、自重40.2tの表示すら見ることも出来なくなるのは寂しいですね。
府中本町駅にてモハ103−267

府中本町駅に到着して車庫に回送される103系映像、これはパンタグラフにある集電装置と架線の
間でこすれる音も偶然に捕らえました
11編成39E運用
映像内容:府中本町駅回送シーン103系8両編成


再度、折り返しは府中本町駅にて南船橋(minamifunabashi)行きとなってしまいました。

TOPページへ戻る